コカミドプロピルベタインとは

シャンプーに含まれるコカミドプロピルベタインは両性界面活性剤のひとつです。

 

コカミドはココナッツオイルの脂肪酸を抽出して作られた成分で、ベタインはクコやサトウダイコンなどに含まれる天然成分であり、これを結合させて作られたのがコカミドプロピルベタインです。
その性質と特徴、含まれるメリットや含まれるデメリットについて説明したいと思います。

 

 

コカミドプロピルベタインが含まれるメリットとしては、界面活性剤の中でも刺激や毒性が低く副作用の恐れが少ない割にしっかりとした洗浄力を持ち、そして保湿性や殺菌効果、毛髪の柔軟効果もあるので、ヘアコンディショニング剤に適した性質と特徴を備えているということです。

 

パーマやカラーリング後のPhコントロールにも適しています。この成分が含まれるシャンプーはキメの細かい泡立ちで使用感が良く、髪や頭皮の過度な乾燥を防ぐ効果が期待できます。

 

損傷箇所をまとまりやすくし、しっとりとした洗い上がりが魅力です。

 

 

コカミドプロピルベタインが含まれるシャンプーを使用したことでのアレルギー性接触皮膚炎などの副作用の報告は少なく、含まれるデメリットはあまりないと考えられます。

 

ベビーシャンプーにも採用されている成分ですので、比較的低刺激で頭皮に優しい成分と言えるでしょう。

 

 

 

関連ページ

ラウレス硫酸ナトリウムとは
ラウレス硫酸ナトリウムの・効果やメリットデメリットなど
スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム
スルホコハク酸ラウレス2ナトリウムの効果やメリットデメリットなど
ラルラミドプロピルベタインとは
ラルラミドプロピルベタインとは効果やメリットデメリットなど
グリシンとは
グリシンとは効果やメリットデメリットなど
ココイルグルタミン酸カリウムとは
ココイルグルタミン酸カリウムとは効果やメリットデメリットなど
ヤシ油脂肪酸アミドとは
ヤシ油脂肪酸アミドとは効果やメリットデメリットなど
ココアンホ酢酸ナトリウムとは
ココアンホ酢酸ナトリウムとは・効果やメリットデメリットなど