ラルラミドプロピルベタインとは

ラルラミドプロピルベタインは、ヤシ油脂肪酸(主にラウリン酸)と、ジメチルアミノプロピルアミンを加熱・縮合させて生成された、「ベタイン系」の界面活性剤です。

 

ヤシ油という天然の物質を原料として化学合成されたものなので、ラルラミドプロピルベタインに含まれるメリットとしては、「高い安全性」「副作用が無い」ことが挙げられます。人体に対して、安心なシャンプーであると言えます。

 

ラルラミドプロピルベタインはヤシ油が由来成分となっているため、皮膚の敏感な赤ちゃんが使う、「ベビーシャンプー」の主な洗浄成分としても使われています。

 

ラルラミドプロピルベタインが含まれるシャンプーに含まれるメリットは、低刺激で、頭皮に優しい性質と特徴を持つことです。

 

 

安全性が高い性質と特徴があり、重い副作用についての報告はありません。

 

ラルラミドプロピルベタインに含まれるデメリットは、差し当たりのところ見当たらず、地肌が油っぽい、という「脂性肌」で、すっきりとした洗いあがりを求める方、強い爽快感を求める方には、使用感としては物足りない、という点くらいでしょうか。

 

その他、ラルラミドプロピルベタインが含まれるシャンプーに含まれるデメリットは、石油系洗浄成分と比較して、値段が若干ですが高くなるという点が挙げられます。

 

 

 

関連ページ

ラウレス硫酸ナトリウムとは
ラウレス硫酸ナトリウムの・効果やメリットデメリットなど
スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム
スルホコハク酸ラウレス2ナトリウムの効果やメリットデメリットなど
コカミドプロピルベタインとは
コカミドプロピルベタインとは・効果やメリットデメリットなど
グリシンとは
グリシンとは効果やメリットデメリットなど
ココイルグルタミン酸カリウムとは
ココイルグルタミン酸カリウムとは効果やメリットデメリットなど
ヤシ油脂肪酸アミドとは
ヤシ油脂肪酸アミドとは効果やメリットデメリットなど
ココアンホ酢酸ナトリウムとは
ココアンホ酢酸ナトリウムとは・効果やメリットデメリットなど