シャンプーの成分記事一覧

ラウレス硫酸ナトリウムは陰イオン性界面活性剤のひとつで、性質と特徴は強い脱脂力を持つ界面活性剤で、洗浄力が高く、泡立ちが良いことです。ラウレス硫酸ナトリウムはシャンプーなどに含まれる成分で、シャンプーに含まれるメリットは泡立ちの良さと単価が安いことです。その性質と特徴から、ラウレス硫酸ナトリウムが含まれるシャンプーは安価で販売されていますが、ラウレス硫酸ナトリウムが含まれるメリットは泡立ちの良さと...

スルホコハク酸ラウレス2ナトリウムは、高級アルコールを原料とする界面活性剤で、刺激の少ない成分で、地肌と同じ弱酸性のため、頭皮に優しい性質と特徴を持っています。強い副作用については報告が無く、マイルドな成分であると言えます。副作用を気にせずしっかり洗浄できるため、スルホコハク酸ラウレス2ナトリウムは、近年、地肌に優しいノンシリコンシャンプーに配合されていることが多くなっています。スルホコハク酸ラウ...

ラルラミドプロピルベタインは、ヤシ油脂肪酸(主にラウリン酸)と、ジメチルアミノプロピルアミンを加熱・縮合させて生成された、「ベタイン系」の界面活性剤です。ヤシ油という天然の物質を原料として化学合成されたものなので、ラルラミドプロピルベタインに含まれるメリットとしては、「高い安全性」「副作用が無い」ことが挙げられます。人体に対して、安心なシャンプーであると言えます。ラルラミドプロピルベタインはヤシ油...

シャンプーに含まれるコカミドプロピルベタインは両性界面活性剤のひとつです。コカミドはココナッツオイルの脂肪酸を抽出して作られた成分で、ベタインはクコやサトウダイコンなどに含まれる天然成分であり、これを結合させて作られたのがコカミドプロピルベタインです。その性質と特徴、含まれるメリットや含まれるデメリットについて説明したいと思います。コカミドプロピルベタインが含まれるメリットとしては、界面活性剤の中...

グリシンは天然アミノ酸のひとつでシャンプーに使用される成分です。性質と特徴は、保湿効果が高く粒子が小さいため、毛髪に浸透して保護する効果が期待できます。グリシンの性質と特徴は、保湿効果の他に、抗菌や酸化防止、血行促進効果などがあり、グリシンが含まれるシャンプーの他には化粧品、食品など幅広く配合され使用されています。グリシンが含まれるシャンプーは頭皮に優しい効果が期待でき、保湿効果もありますが、グリ...

頭皮に優しいと言われるアミノ酸シャンプーが注目されていますが、特にココイルグルタミン酸カリウムが含まれるシャンプーの性質と特徴は、洗浄成分がマイルドであるということです。ココイルグルタミン酸カリウムが含まれるメリットは、弱酸性であり頭皮を傷つけずに洗浄出来るという性質と特徴があります。アミノ酸系の成分が含まれるシャンプーは、優しい洗浄成分と保湿効果があり、毒性などの副作用の心配がほとんどありません...

シャンプーで、ヤシ油脂肪酸アミドが配合されているタイプの性質と特徴は、天然由来の成分を元に作られている両性界面活性剤で、原材料はヤシの実から採取できるオイルに含まれる成分です。ヤシ油脂肪酸アミドが配合されているシャンプーの性質と特徴として頭皮に優しい成分で、安全性が高く毒性もないためベビーシャンプーなどにも配合され副作用の心配もありません。ヤシ油脂肪酸アミドが含まれるメリットは泡立ちを良くしたり、...

ココアンホ酢酸ナトリウムという成分が含まれるシャンプーは、アミノ酸系で頭皮に優しいという性質と特徴があります。シャンプーにおいてココアンホ酢酸ナトリウムが含まれるメリットとしては、洗い上がりがマイルドで、ベビーシャンプーにも含まれるほどの優しい成分であることです。アミノ酸系の成分が含まれるメリットに、頭皮に優しいのはもちろんですが、髪をいたわる効果が大きいという特徴もあります。ココアンホ酢酸ナトリ...